音楽映画『アリー/ スター誕生』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『アリー/ スター誕生』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『アリー/ スター誕生』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『アリー/ スター誕生』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『アリー/ スター誕生』の基本情報

作品名『アリー/ スター誕生』
原題A Star Is Born
映画監督ブラッドリー・クーパー
脚本エリック・ロス、ブラッドリー・クーパー、ウィル・フェッターズ
原作『スタア誕生』ウィリアム・A・ウェルマン
撮影マシュー・リバティーク
配給ワーナー・ブラザース
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間135分
公開日(日本)2018/12/21

 

映画『アリー/ スター誕生』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ジャクソン・“ジャック”・メインブラッドリー・クーパー桐本拓哉
アリーレディー・ガガ田村睦心
ボビーサム・エリオット立川三貴
ロレンツォアンドリュー・ダイス・クレイ星野充昭
ジョージ・“ヌードルス”・ストーンデイヴ・シャペル伊藤健太郎
レズ・ガヴロンラフィ・ガヴロン岸尾だいすけ
ラモンアンソニー・ラモス相楽信頼
カールロン・リフキン坂東尚樹
ウルフィーマイケル・J・ハーネイ梅津秀行
ゲイルレベッカ・フィールドニケライ・ファラナーゼ
エメラルドウィリアム・ベリ手塚ヒロミチ
フィルグレッグ・グランバーグ祐仙勇
ドラッグバーのエムシーD.J・“シャンジェラ”・ピアース三宅健太
牧師エディ・グリフィン中務貴幸
レジ係ルネル-
ジャクソンのバンドルーカス・ネルソン&プロミス・オブ・ザ・リアル-
アレック・ボールドウィン本人-
マーロン・ウィリアムズ本人-
ブランディ・カーライル本人-
ドン・ロイ・キング本人-

 

映画『アリー/ スター誕生』のあらすじ

自分の歌声に自信が持てずにいたアリーが、一夜にして運命を変える出会いを果たします。

世界的ロックスター、ジャクソン・メインとの偶然の出会いは、彼女の隠れた才能を開花させます。

「君の歌は奇跡だ」というジャクソンの言葉に導かれ、ウエイトレスから一躍スターダムへの階段を駆け上がるアリー。

 

しかし、華やかなステージの光の中で、アリーは次第に自分を見失っていきます。

愛と成功のはざまで、アリーが最後に掴んだものは一体何だったのでしょうか。

 

ジャクソン自身も、ドラッグと酒に溺れる苦悩を抱えており、アリーとの出会いが彼の人生に新たな希望をもたらします。

しかし、彼女の成功は二人の関係に亀裂を生じさせ、ジャクソンの内に秘めた問題が徐々に浮かび上がってきます。

アリーの商業的な成功を快く思わないジャクソンの自滅的な行動は、2人の愛をどこへ導くのでしょうか。

 

映画『アリー/ スター誕生』の予告編動画

『アリー/ スター誕生』は、1937年に始まり何度も映画化されてきた「スタア誕生」の最新版。

ブラッドリー・クーパーが監督と主演を務め、レディー・ガガがその才能を見出されるアリーを演じます。

音楽業界の光と影を描きながら、等身大の自分を受け入れ、ショービジネスの世界で生き抜くアリーの姿が描かれます。

 

映画『アリー/ スター誕生』の感想

映画『アリー/ スター誕生』は、表面的にはアリー(レディー・ガガ)の輝かしいスターダムの誕生を描いているように見えますが、実はジャクソン(ブラッドリー・クーパー)の深い苦悩と葛藤の物語でもあります。

ブラッドリー・クーパーが監督・主演を務めるこの作品では、ジャクソンの人生と内面の戦いが、非常に繊細かつ力強く描かれています。

 

ジャクソン・メインは、成功を収めたミュージシャンとしてのキャリアを持ちながらも、アルコール依存症と耳の聞こえなくなる進行性の病に苦しみます。

彼のこれらの問題は、彼自身だけでなく、彼が愛する人々にも影響を及ぼします。

アリーとの出会いは、ジャクソンにとって一筋の光のように感じられましたが、彼女の成功が彼の苦悩をより一層深めることになります。

 

ジャクソンのキャラクターは、彼の音楽と同様に、痛みと脆弱性を内包しています。

彼がアリーに初めて会った時、彼女の生の才能に心打たれるのですが、それは同時に彼自身の内面にも深く響くものでした。

アリーとの関係が深まるにつれて、ジャクソンは自分のキャリアと人生における不安定さと直面し、それが彼の依存症を悪化させます。

グラミー賞の授賞式での彼の行動は、彼の苦悩のピークを象徴しており、観る者に深い衝撃を与えます。

 

この映画は、ジャクソンのキャラクターを通して、成功がもたらす光と影を掘り下げています。

彼の音楽への情熱、アリーへの愛、そして自己破壊への道は、繊細に絡み合って描かれています。

特に、彼が自分の問題に直面し、それを乗り越えようとする姿勢は、多くの感動的な瞬間を生み出します。

彼がアリーに対して「魂から歌わないと人には届かない」と語るシーンは、彼の音楽に対する深い理解と、彼女への愛が伝わる瞬間です。

 

『アリー/ スター誕生』は、音楽と愛の力を描いた感動作です。

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガの圧倒的な演技と歌声が、この物語を特別なものにしています。

夢と現実、愛と孤独が交錯する中で、二人がたどり着いた結末は、観る者に深い余韻を残します。

彼の生き様と彼が残した音楽は、映画が終わった後も長く心に残ります。

 

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーの歌唱シーンは、この映画の大きな魅力の一つです。

特に「Shallow」のデュエットシーンは、二人の生み出す化学反応に胸を打たれること間違いなし。

そして、映画のクライマックスでアリーが歌う「I’ll Never Love Again」は、ジャクソンへの深い愛と喪失の痛みが込められた、心揺さぶるバラードです。

この曲を通じて、アリーはジャクソンとの愛を永遠に胸に刻みます。

 

映画『アリー/ スター誕生』はこんな人におすすめ

映画『アリー/ スター誕生』は、音楽と深い人間ドラマが好きな人に特におすすめしたい作品です。

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガの生き生きとした演技と、魂を揺さぶるような歌声が、恋愛、成功、そして失敗といった人生の複雑さを繊細に描き出しています。

特に、自分の夢に向かって一歩を踏み出す勇気が欲しい人、または自分の道を見失いそうになっている人には、大きな勇気とインスピレーションを与えてくれるでしょう。

 

ジャクソンとアリーの物語は、音楽業界の華やかさだけでなく、その裏にある苦悩や挑戦もリアルに描いています。

だからこそ、夢を追い求める人、特にアーティストを志す人や、クリエイティブな仕事に就いている人にとって、多くの共感点を見出せるはずです。

また、恋愛だけでなく、家族や友情など、人と人との深い絆に焦点を当てた物語を楽しめる人にも心からおすすめします。

 

この映画は、成功の影に隠れた孤独や葛藤を、音楽という普遍的な言語を通して描き出しています。

そのため、音楽が持つ力を信じる人、または音楽を通じて人生を豊かにしたいと願う人にとって、『アリー/ スター誕生』は特別な体験となるでしょう。

感動的なストーリーテリングと、忘れられない音楽の数々が、あなたの心に響き渡るはずです。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『アリー/ スター誕生』を観るのがおすすめ

映画『アリー/ スター誕生』は、音楽を愛するすべての人にとって、見逃せない一作です。

ブラッドリー・クーパーとレディー・ガガの力強い演技と歌声が、夢への道のり、愛の複雑さ、そして人生の挫折と再生を描いています。

特に、音楽の力を信じる人や、自分自身の道を模索している人にとって、この映画は大きな勇気とインスピレーションを与えてくれるでしょう。

 

ジャクソンとアリーの恋愛物語は、音楽業界の輝かしい成功だけでなく、その背後にある苦悩や挑戦もリアルに捉えており、特にアーティストやクリエイティブな仕事をしている人が共感できる内容となっています。

音楽を通じて人生の様々な感情を表現し、乗り越えようとする姿は、観る者の心を深く動かします。

 

『アリー/ スター誕生』は、ただのエンターテイメント作品にとどまらず、愛とは何か、夢を追い求めることの意味、そして人間の弱さと強さを見つめ直すきっかけを与えてくれます。

ジャクソンの苦悩と彼に寄り添うアリーの姿からは、成功の影に隠れた孤独や葛藤を感じ取ることができ、音楽がどれほど人の心に影響を与えることができるのかを改めて実感させられます。

 

この映画は、音楽を愛する人はもちろん、人生の意味を問い直したいと考えている人、感動的なドラマを求めている人にとって、必見の作品です。

『アリー/ スター誕生』は、音楽という普遍的な言語を通じて、人生の美しさと厳しさを伝え、観る者に深い感動を与えてくれるでしょう。

音楽映画『グレイテスト・ショーマン』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『グレイテスト・ショーマン』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『グレイテスト・ショーマン』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『グレイテスト・ショーマン』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『グレイテスト・ショーマン』の基本情報

作品名『グレイテスト・ショーマン』
原題The Greatest Showman
映画監督マイケル・グレイシー
脚本ジェニー・ビックス、ビル・コンドン
音楽ジョン・デブニー、ジョセフ・トラパニーズ、ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
撮影シェイマス・マクガーヴェイ
主題歌『This is me』キアラ・セトル
配給20世紀フォックス映画
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間105分
公開日(日本)2018/2/16

 

映画『グレイテスト・ショーマン』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
P・T・バーナムヒュー・ジャックマン/エリス・ルビン(幼少期)山路和弘
フィリップ・カーライルザック・エフロン木村昴
チャリティ・バーナムミシェル・ウィリアムズ/スカイラー・ダン(幼少期)中村千絵
ジェニー・リンドレベッカ・ファーガソン/ローレン・アレッド(歌部分)北西純子
キャロライン・バーナムオースティン・ジョンソン大久保瑠美
ヘレン・バーナムキャメロン・シェリー米本早希
フィロ・バーナムウィル・スウェンソン-
Mr.ウィンスロップダミアン・ヤング-
ウィンスロップ夫人ティナ・ベンコ-
ジェームズ・ゴードン・ベネットポール・スパークス斉藤次郎
Mr.オマリーエリック・アンダーソン菊池通武
アン・ウィーラーゼンデイヤ真壁かずみ
W・D・ウィーラーヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世山本祥太
レティ・ルッツ(熊女、髭の生えた女性)キアラ・セトル日野由利加
親指トム将軍(小人症の男性)サム・ハンフリー/ジェイムズ・バブソン(歌、台詞部分)中村章吾
リーズ卿(太った男)ダニエル・エバーリッジ桜井敏治
フランク・レンティーニ(寄生性双生児、3本足の男)ジョナサン・レダヴィド-
コンスタンティン王子(入れ墨男)シャノン・ホルツァプフェル井川秀栄
チャン&エン・ブンカー兄弟(シャム双生児の由来になった結合双生児)小森悠冊(チャン)&ダニエル・ソン(エン)-
ウォルター(犬少年、獅子面男ライオネル、多毛症の男性)ルチアーノ・アクニャJr.古川裕隆
アルビノツインズ(白皮症の双子姉妹)ミッシー・パトロナリー&シェオアイフェ・コールマン-
顔や身体に痣を持つ男性(象の肌を持つ男、スタージーウェーバー症候群か血管腫と思われる男性)ジェレミー・ハドソン-
ブロックヘッド(ピアス男)テイラー・ジェームズ-
デビルボーイ(二本角の男)ヴィンセント=オリバー・ノワジュー-
ストロングマン(怪力男)ティモシー・ハージェス-
タトゥーレディ(タトゥーのある女性)チェルシー・キャソ-
白い服を着た白髪の男性(半陰陽でアルビノの男)キーサン・ブラジルフォード-
オリエンタルマン(東洋人の男)アレックス・ウォン-
ゴールデンボーイ(金でメイクし金の装飾を付けている青年)ジュリアス・ルビオ-
ヴードゥーツインズ(ブードゥー教の双子)ディアンナ・ウォルターズ&ジェシカ・カストロ-
スネークダンサー(蛇を使い踊る女性)ナジラ・ジラム-
エジプションレディ(エジプトの女性)クリスティーナ・ギラー-
オー・クランシー(アイルランドの巨人)ラデュー・スピングヘル-
人間大砲ケネス・チャン-
ジェフ・ハリス(ジャグラー)ニック・ジャンツ-
ディン・ヤン(中国人のアクロバットと剣のスペシャリスト)ナターシャ・リュー・ボルディッツォ-

 

映画『グレイテスト・ショーマン』のあらすじ

貧しい家庭に生まれながらも夢見る心を持ち続けたフィニアス・テイラー・バーナム。

彼は幼なじみで名家の令嬢、チャリティとの愛を育みながら、夢を追い続けます。

ニューヨークで平凡ながらも幸せな家庭生活を送る彼のもとに、人生の転機が訪れます。

 

一連の困難を乗り越え、バーナムは世にも珍しいショーを開催。

小人症の男や全身刺青の男など、社会の影に生きる個性豊かな人々をステージに立たせ、彼らの才能を光り輝かせるのです。

この斬新なショーは瞬く間に人々の心を捉え、大成功を収めます。

 

しかし、その華やかなステージの裏には、上流社会からの冷ややかな目、家族との軋轢、仲間たちとの絆の試練が待ち受けていました。

バーナムが欧州のオペラ歌手、ジェニー・リンドとのアメリカ公演を成功させようと奮闘する中で、彼の人生には新たな波乱が訪れます。

 

ショービジネスの先駆者として、バーナムは仲間たちと共に、困難を乗り越えていく決意を固めます。

 

映画『グレイテスト・ショーマン』の予告編動画

彼らのショーは単なるエンターテイメントではなく、希望と勇気の象徴。

この物語は、夢を追い続けることの意味と、人間の可能性の広がりを見事に描き出しています。

バーナムの人生は、ただの成功物語ではなく、愛と友情、信念の物語なのです。

 

映画『グレイテスト・ショーマン』の感想

『グレイテスト・ショーマン』は、ただのミュージカル映画という枠を超え、深く心に響く作品です。

興行師P.T.バーナムの波乱万丈な人生を追ったこの作品は、夢を追いかける情熱と、成功と挫折の狭間で揺れる複雑な心情を見事に描き出しています。

 

ヒュー・ジャックマンが演じるバーナムは、そのカリスマと輝くような演技で、映画の隅々まで生命を吹き込んでいます。

彼の熱い情熱と夢に向かって突き進む姿勢は、多くの観客に勇気とインスピレーションを与えることでしょう。

また、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、ゼンデイヤなど、豪華なキャスト陣が物語を豊かに彩っています。

 

特筆すべきは、映画全体を彩る素晴らしい楽曲たちです。

特に「This Is Me」のシーンは、自己受容と自己肯定のメッセージが心に響きます。

パーティー会場から締め出されたパフォーマーたちが、誇り高く歌い上げる姿には、感動せずにはいられません。

彼らの存在そのものが、社会の狭い枠にとらわれない生き方を示しているかのようです。

 

また、バーナムが成功への道を歩む中で、家族や仲間との絆を見失いかける場面は、成功の本質について深く考えさせられます。

彼の心の葛藤と、最終的に本当に大切なものを見出す旅路は、私たち自身の生き方についても問いかけてくるようです。

 

この映画の美しさは、ただのエンターテインメントにとどまらず、人間の内面と社会の見方を変える力を持っています。

誰もが心のどこかで抱える不安や葛藤、そして夢への憧れを、音楽と映像を通して美しく表現しているのです。

『グレイテスト・ショーマン』は、観る人の心に残る、忘れがたい経験を与えてくれる作品です。

 

【動画】映画『グレイテスト・ショーマン』「This Is Me」ワークショップセッション

 

映画『グレイテスト・ショーマン』はこんな人におすすめ

『グレイテスト・ショーマン』は、夢を追い続けるすべての人におすすめの映画です。

特に、日常に迷いや疲れを感じている人、自分自身や未来に確信を持てずにいる人に、この映画は新たな勇気と希望を与えてくれるでしょう。

ヒュー・ジャックマン演じるP.T.バーナムの情熱的な旅路は、自分の夢や理想を追い求めるすべての人の心に響きます。

 

また、ミュージカル映画が得意ではない人でも、この映画の魅力に引き込まれるはずです。

ダイナミックで魅力的なダンスと、心を揺さぶる歌。

映画の持つエネルギッシュな雰囲気は、どんな人もその世界に没入させてくれます。

 

そして、自分自身の個性や存在に自信を持てずにいる人にとっても、この映画は大きな励ましとなるはずです。

「This Is Me」のシーンなど、自己肯定の強いメッセージは、自分自身を受け入れ、誇りを持つきっかけになるでしょう。

 

単なるエンターテインメント映画ではなく、深い人間ドラマとしての側面も持ち合わせている『グレイテスト・ショーマン』。

多くの人に感動を与え、心に残る作品となること間違いなしです。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『グレイテスト・ショーマン』を観るのがおすすめ

『グレイテスト・ショーマン』は、音楽の力を存分に感じられる作品です。

この映画の魅力は、まさに音楽にあります。

心を動かす歌詞とメロディ、パワフルなダンスシーンは、音楽が好きな人ならきっと虜になるでしょう。

ヒュー・ジャックマンとザック・エフロンをはじめとするキャストたちの圧倒的なパフォーマンスは、見る者の心を揺さぶり、感動を呼び起こします。

 

映画は、夢を追い続ける人々への応援歌のような存在。

自分の居場所を見つけ、自分自身を肯定する強さを与えてくれます。

特に「This Is Me」のシーンは、自己受容と自己表現の素晴らしさを強く訴えかけるものです。

 

そして、この映画はミュージカル映画が得意でない人でも楽しめる作品。

ストーリーの直感的なわかりやすさと、音楽の持つ普遍的な魅力が、すべての観客を引き込みます。

自分に自信が持てない人、日々の生活に迷いや疲れを感じている人にも、この映画は新たな勇気と希望を与えてくれるでしょう。

 

音楽が持つ魔法のような力を信じるなら、『グレイテスト・ショーマン』は間違いなくおすすめの映画です。

胸を張って生きる勇気を与えてくれる、感動的な作品をぜひ体験してください。

音楽映画『スクール・オブ・ロック』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『スクール・オブ・ロック』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『スクール・オブ・ロック』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『スクール・オブ・ロック』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『スクール・オブ・ロック』の基本情報

作品名『スクール・オブ・ロック』
原題School of Rock
映画監督リチャード・リンクレイター
脚本マイク・ホワイト
音楽クレイグ・ウェドレン
撮影ロジェ・ストファーズ
配給パラマウント・ピクチャーズ
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間108分
公開日(日本)2004/4/29

 

映画『スクール・オブ・ロック』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
デューイ・フィンジャック・ブラック江原正士
ロザリー・マリンズジョーン・キューザック勝生真沙子
ネッド・シュニーブリーマイク・ホワイト村治学
パティ・ディ・マルコサラ・シルバーマン高森奈緒
ケイティレベッカ・ブラウン-
サマー・ハサウェイミランダ・コスグローヴ三浦智子
ザック・ムーニーハムジョーイ・ゲイドス・Jr瀧本富士子
フレディ・ジョーンズケヴィン・クラーク浅野まゆみ
ローレンスロバート・ツァイ宮島依里
トミカマリアム・ハッサン-
アリシアアリーシャ・アレン永澤菜教
テオアダム・パスカル高木渉

 

映画『スクール・オブ・ロック』のあらすじ

デューイはロックンロールを心から愛する、大人になりきれない男。

彼の熱い情熱とは裏腹に、生活は行き詰まりを見せていた。

金欠に追い込まれた彼は、名門小学校の代用教員として働くことに。

しかし、彼の人生は生徒たちの隠された音楽的才能の発見とともに一変する。

 

デューイは、子供たちと共に秘密のロックバンドを結成。

学校の授業を偽装し、生徒たちにロックの真髄を教え込む。

彼が目指すは、長年の夢であったバンドバトルへの出場。

生徒たちは最初は戸惑いながらも、徐々にデューイの情熱に引き込まれていく。

 

デューイは教師としての立場を偽装し、生徒たちを音楽の世界へと導いていた。

学校の厳格な規律とは対照的に、デューイは生徒たちに自由を教え、彼らの中に眠る才能を引き出す。

生徒たちは、バンドのメンバーとしてだけでなく、警備係、ローディ、マネージャーなど、様々な役割でバンドを支える。

 

映画『スクール・オブ・ロック』の予告編動画

『スクール・オブ・ロック』は、デューイと生徒たちのロックへの情熱、そして彼らが共に築いた絆の物語であり、観る者に深い感動とインスピレーションを与える作品です。

 

映画『スクール・オブ・ロック』の感想

『スクール・オブ・ロック』は、ただのコメディ映画ではなく、子供たちと大人が互いに学び合い成長していく温かな物語です。

主人公デューイが、偶然にも代用教師として名門小学校に赴くことから始まる物語は、彼のロックに対する情熱が、子供たちに新たな世界を開くキッカケとなります。

 

デューイは当初、自分本位で考え、バンド・バトルへの出場を目論んでいましたが、子供たちの個性や才能に触れることで、徐々に彼自身も変化していきます。

特に印象的だったのは、生徒一人ひとりに役割を与えるシーン。

最初は適当に割り振った役割も、子供たちの意見を聞きながら適材適所に配置していくデューイの姿は、まさに教育者としての資質を感じさせます。

 

生徒たちの成長も心に残りました。

特に、自信を持てずにいた生徒がデューイの奔放で自由な指導のもと、次第に自分らしさを取り戻し、生き生きとした表情を見せるようになる過程は感動的でした。

ロックを通じて子供たちは自分たちの内に秘めたパワーに気づき、自分らしさを存分に発揮する姿は、まさに映画の見どころの一つです。

 

また、ジャック・ブラックの演技がこの映画の魅力を引き立てています。

彼のキャラクターは一見すると無責任で子供っぽいように見えますが、その熱いハートと音楽に対する純粋な愛情が、物語を通じて際立っています。

彼の存在が、映画に活気とユーモアをもたらしているのです。

 

そして、忘れてはならないのがラストのバンド・バトルのシーン。

生徒たちが一丸となって繰り広げるステージは、観ているこちらも自然とノリノリになってしまうほどの迫力で、感動で涙が出るほどでした。

彼らの演奏が終わった後の会場の熱狂と、保護者たちの感動の表情は、映画のクライマックスとして最高の瞬間です。

 

『スクール・オブ・ロック』は、ロックを通して自由を手に入れた子供たちと、子供たちから多くを学ぶ大人の物語。

音楽の力、教育の本質、そして個々の個性の輝きを感じることができる、心温まる素晴らしい作品です。

ちなみに、エンドロールまで他の作品にはないユニークさがあるので、最後の最後まで楽しませてくれますよ。

 

映画『スクール・オブ・ロック』はこんな人におすすめ

『スクール・オブ・ロック』は、ロック音楽が好きな人はもちろん、そうでない人にも心からおすすめしたい作品です。

映画の中で描かれるのは、ロックのエネルギッシュな魅力と、音楽を通じた人間の成長という普遍的なテーマ。

ジャック・ブラックのキャラクターが子供たちにロックの精神を教え込むシーンは、誰もが自由に自分自身を表現する大切さを教えてくれます。

 

この映画は特に、日々の生活に新たな刺激や変化を求めている人、または子供のような純粋さを取り戻したい大人にぜひ観ていただきたいです。

子供たちが音楽と出会い、自分の殻を破り、成長していく姿は、見る者に新たな可能性を感じさせるでしょう。

 

また、教育者や保護者の人々にもおすすめします。

子供たち一人ひとりの個性や才能をどのように見つけ出し、育てていくかという示唆に富んだシーンが多数あります。

それぞれの子供が持つ独自の才能を引き出すプロセスは、教育のあり方について考えるきっかけを与えてくれるはずです。

 

心温まるコメディ要素がたっぷりの中に、深いメッセージが込められている『スクール・オブ・ロック』。

音楽がもたらす感動と変化を、存分に感じることができるでしょう。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『スクール・オブ・ロック』を観るのがおすすめ

音楽が好きな人にとって、映画『スクール・オブ・ロック』はまさに必見の作品です。

この映画は、ただの楽しいコメディではなく、音楽を通じて自己表現の大切さ、個性の輝かせ方を教えてくれます。

ジャック・ブラック演じる主人公デューイが、型破りな方法で子供たちにロックを教える姿は、見る者の心を熱くします。

特に、音楽に対する情熱や愛を持っている人であれば、その情熱がさらに燃え上がること間違いなしです。

 

この映画の魅力は、ロック音楽へのオマージュだけではありません。

子供たちが自分自身を見つめ直し、自分らしさを取り戻していく過程は、音楽を愛するすべての人にとって共感できる部分でしょう。

また、教育者や保護者にとっても、子供の個性をいかに育むかという示唆に富んだ内容が盛り込まれています。

 

映画の中で繰り広げられる子供たちの生き生きとした演奏シーン、デューイの変わりゆく姿は、音楽の力を感じさせてくれます。

ロックの精神、即ち自由や反骨精神を体現するこの映画は、音楽好きなら誰もが心揺さぶられるでしょう。

 

『スクール・オブ・ロック』は、単なるエンターテイメントに留まらず、音楽の本質と人間の成長を描いた深いメッセージを持つ作品です。

音楽への愛がある人なら、この映画から多くのインスピレーションを得ることができるはずです。

音楽の素晴らしさ、そして人生の豊かさを再発見できる一作です。

音楽映画『ロケットマン』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『ロケットマン』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『ロケットマン』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『ロケットマン』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『ロケットマン』の基本情報

作品名『ロケットマン』
原題Rocketman
映画監督デクスター・フレッチャー
脚本リー・ホール
音楽マシュー・マージェソン
撮影ジョージ・リッチモンド
配給東和ピクチャーズ
主題歌「 (I’m Gonna) Love Me Again」エルトン・ジョン&タロン・エガートン
製作国イギリス、アメリカ
タイプ洋画
上映時間121分
公開日(日本)2019/8/23

 

映画『ロケットマン』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
エルトン・ジョンタロン・エガートン木村昴
バーニー・トーピンジェイミー・ベル福田賢二
ジョン・リードリチャード・マッデン川田紳司
アイヴィジェマ・ジョーンズ久保田民絵
シーラ・アイリーンブライス・ダラス・ハワード松谷彼哉
スタンリースティーヴン・マッキントッシュ栗田圭
ディック・ジェームズスティーヴン・グレアム-
ダグ・ウェストンテイト・ドノヴァン-
レイ・ウィリアムズチャーリー・ロウ佐々木拓真
フレッドトム・ベネット斉藤次郎
ウィルソンジェイソン・ペニークック-

 

映画『ロケットマン』のあらすじ

映画『ロケットマン』は、イギリスの伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた作品です。

物語は、エルトン・ジョンが依存症のリハビリテーション・セッションに参加するシーンから始まります。

フラッシュバックを通じて、彼の波乱に満ちた人生が紐解かれていきます。

 

物語の中心は、エルトン・ジョンとして知られる前の少年時代のレジナルド・ドワイトです。

彼は愛情に飢えた家庭で育ち、音楽への情熱を胸に秘めていました。

父親は息子の才能に無関心でしたが、祖母は彼の音楽の才能を信じ、支え続けます。

 

レジナルドは王立音楽院で学び、地元のパブでロックミュージックに触れます。

ブルーソロジーというバンドに加わった彼は、アイズレー・ブラザーズとパティ・ラベル&ブルーベルズのバックバンドとして活躍します。

彼はエルトン・ジョンとしての新たな人生を歩み始め、作曲家としてのキャリアをスタートさせます。

 

エルトンは才能ある作詞家バーニー・トーピンと出会い、深い友情を築きながらヒット曲を生み出していきます。

しかし、彼の人生は華やかな成功の影で、薬物、アルコール、買い物、セックスなど数々の依存症による暗いスパイラルに陥ります。

 

この映画では、エルトン・ジョンの成功と苦悩、家族との葛藤、恋愛、自己受容への道のりが、彼の代表曲と共に劇的に描かれています。

エルトン・ジョンの栄光と挫折、そして再生の物語が、感動的な映像と音楽で綴られるのです。

 

映画『ロケットマン』の予告編動画

 

映画『ロケットマン』の感想

『ロケットマン』は、伝説的なミュージシャン、エルトン・ジョンの波瀾万丈な半生を描いた映画です。

彼の孤独な人生、才能の花開き、そして愛を求め続ける壮絶な旅路が心に強く訴えかけてきました。

 

映画はエルトンがリハビリテーション・セッションに参加する場面から始まります。

彼の華やかな衣装とは裏腹に、その瞳には深い孤独と痛みが映り込んでいるのが印象的でした。

幼い頃から両親に愛されず、音楽だけが彼の慰めであったことが痛々しく感じられました。

とりわけ、両親との複雑な関係は、エルトンの心の傷として深く刻まれているように見えました。

 

エルトン・ジョンとしての成功の陰には、絶え間ない内面の葛藤がありました。

彼の人生は、同性愛者としての自己受容、薬物依存症、アルコール依存症との戦いでもありました。

タロン・エガートンが演じるエルトンの姿は、その複雑さをリアルに表現しており、彼の孤独や苦悩が深く伝わってきました。

 

特に心に残ったのは、彼と作詞家バーニー・トーピンの関係です。

バーニーとの出会いと友情は、エルトンの人生において大きな支えとなっていました。

バーニーはエルトンの才能を信じ、彼の人生における数少ない理解者の一人でした。

二人の関係は、エルトンが自分自身と向き合い、内面の平和を見つける手助けとなっていました。

 

映画の中で描かれるエルトンのステージパフォーマンスは、彼の内面の葛藤を象徴しているかのようでした。

彼の曲の一つ一つが、彼の心の声のように聞こえ、私たち視聴者にも彼の感情が伝わってきました。

その中でも「Your Song」の誕生の瞬間は、エルトンとバーニーの創造力の融合を感じさせ、非常に感動的でした。

 

エルトン・ジョンの人生の旅は、愛を求める孤独な心の旅でした。

この映画は、天才ミュージシャンの光と影を赤裸々に描き出し、彼の音楽がどのようにして生まれたのかを示しています。

タロン・エガートンの熱演、そして素晴らしい音楽と共に、『ロケットマン』は、エルトン・ジョンの人生をドラマティックに描き出した感動的な作品です。

 

映画『ロケットマン』はこんな人におすすめ

『ロケットマン』は、エルトン・ジョンの音楽を愛する人にはもちろん、彼の人生や音楽に深い興味を持つ人に特におすすめです。

彼の多彩なヒット曲に触れながら、その背景にある彼の心の軌跡を追うことができます。

また、自身のアイデンティティに葛藤する全ての人、特にありのままの自分を受け入れることに苦しむ人にとっても、この映画は大きな共感と勇気を与えるでしょう。

 

ミュージカル要素が強い本作は、エンターテイメントとしての魅力も満載です。

タロン・エガートンが見せる、エルトン・ジョンとしての生き生きとしたパフォーマンスは、彼の音楽への深い理解と愛情を感じさせます。

また、音楽を通して自分自身を表現することの大切さを感じたい人にも、この映画は心に響くはずです。

 

人間関係や愛に関する複雑な感情を抱える人にとっても、『ロケットマン』は強い共感を呼び起こす作品です。

エルトンの人生は、成功と挫折、愛と孤独が入り混じるものであり、多くの人が自分の人生と重ね合わせることができるでしょう。

そのため、深い感情移入を求める映画ファンにもおすすめです。

彼の壮大な音楽キャリアをたどりながら、人生の美しさと複雑さを一緒に体感してみてはいかがでしょうか。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『ロケットマン』を観るのがおすすめ

エルトン・ジョンの音楽とその波瀾万丈な人生に迫る『ロケットマン』は、音楽愛好家にとってはまさに見逃せない作品です。

しかし、彼の音楽を知らない人でも、この映画は十分に楽しめることでしょう。

彼の曲が織りなす壮大な物語と、その背後にある彼の心の軌跡が、観る者を深く引き込みます。

 

エルトン・ジョンが世界を魅了した名曲たちは、彼の人生の重要な節目ごとに登場し、感動的な背景を与えてくれます。

「Your song」の誕生シーンのような、心を打つ瞬間は映画の大きな魅力の一つです。

彼の音楽キャリアを通じて、人間としての複雑な感情や苦悩、成長が描かれています。

 

タロン・エガートンによるエルトン・ジョンとしての圧巻の演技と歌声は、映画をさらに特別なものにしています。

彼はただエルトン・ジョンを演じるだけでなく、その生きざまを体現し、観る者に深い感動を与えます。

彼の演技は、エルトン・ジョンの曲を知らない人にとっても、その魅力を十分に伝えるものとなっています。

 

また、『ロケットマン』は、成功と挫折、愛と孤独が交錯する人生の物語であり、音楽を超えた普遍的なテーマを探求しています。

音楽が好きな人はもちろん、深い人間ドラマを求める人にも強くおすすめします。

エルトン・ジョンの曲をこれまで知らなかった人も、この映画を通じて彼の音楽の虜になるかもしれません。

音楽の力、人生の美しさと複雑さを感じるために、ぜひ『ロケットマン』を観てみることをおすすめします。

 

エルトン・ジョンとタロン・エガートンの共演「Your Song (Brighton & Hove 2019)」

タロン・エガートンがイギリスのホーブで開催された「Farewell Yellow Brick Road」ツアーの第95回公演でエルトンのステージに参加。

エルトンと共に「Your Song」のデュエットを披露し、集まったファンを沸かせました。

音楽映画『コーダ あいのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『コーダ あいのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『コーダ あいのうた』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『コーダ あいのうた』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『コーダ あいのうた』の基本情報

作品名『コーダ あいのうた』
原題CODA
映画監督シアン・ヘダー
脚本シアン・ヘダー
原作映画『エール!』(2014、フランス語映画)
音楽マリウス・デ・ヴリーズ
撮影パウラ・ウイドブロ
配給ギャガ
製作国アメリカ、カナダ、フランス
タイプ洋画
上映時間111分
公開日(日本)2022/1/21

 

映画『コーダ あいのうた』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
ルビー・ロッシエミリア・ジョーンズ野村麻衣子
フランク・ロッシトロイ・コッツァー坂東尚樹
ジャッキー・ロッシマーリー・マトリン-
レオ・ロッシダニエル・デュラント-
ベルナルド・ヴィラロボス/V先生エウヘニオ・デルベス松本保典
マイルズフェルディア・ウォルシュ=ピーロ玉木雅士
ガーティーエイミー・フォーサイス浅野真澄
ブレディケヴィン・チャップマン-

 

映画『コーダ あいのうた』のあらすじ

豊かな自然に囲まれた海の町グロスターで、ルビー・ロッシは特別な日々を送っていました。

聾唖者である家族の中で唯一聞こえる彼女は、幼い頃から家族の通訳として重要な役割を果たしていました。

家業の漁業も毎日欠かさず手伝う一方で、歌うことが大好きなルビーは高校の合唱クラブに入ります。

そこで彼女の才能を見出した音楽教師、ヴィラロボス先生(V先生)は、都会の名門音楽大学への進学を勧めます。

 

しかし、ルビーの歌声が聞こえない両親は娘の才能を信じることができず、家業の存続を優先させます。

ルビーは両親の意向を尊重し、家族のために夢をあきらめることを決意します。

同時に、家族は新事業を立ち上げ、ルビーの通訳としての役割は一層重要になります。

しかし、音楽への情熱を捨てきれないルビーは、家業と音楽の両立に悩みます。

 

家族の未来と自身の夢の間で揺れるルビー。

そんな彼女を見た父フランクは、娘の才能と情熱に気付き、ある決意をします。

発表会で見事な歌声を披露するルビーの前には、聞こえないながらも彼女を支える家族がいます。

 

映画『コーダ あいのうた』の予告編動画

『コーダ あいのうた』は、家族の絆、個人の夢、そして両者の間で生じる葛藤を描いた感動的な物語です。

自らのアイデンティティを見つけ、愛する人々との関係を再考するルビーの旅路は、観る者の心に深く響きます。

 

映画『コーダ あいのうた』の感想

『コーダ あいのうた』は、聴覚障害を持つ家族の中で育ったルビーの成長を描いた、心温まる物語です。

この映画は、単なる家族ドラマにとどまらず、夢を追う若者の苦悩と成長、家族愛の深さを繊細に描き出しています。

 

特に印象的だったのは、高校の発表会シーンでした。

周囲が歓声を上げる中、聴覚障害のある家族にはルビーの歌声が届きません。

そして、映画は突然無音になります。

 

この演出は、聾者の世界への一瞬の洞察を観客に疑似体験させてくれるのです。

音の聞こえない無音の世界で、娘の歌声を感じようとする父親の世界を垣間見ることができました。

彼らの孤独感や周囲との隔たりを、一瞬でリアルに感じ取ることができる素晴らしい演出です。

 

また、家族それぞれのキャラクターが生き生きと描かれている点も見逃せません。

ルビーの兄は無愛想ながらも妹を深く愛しており、彼の「家族の犠牲になるな」という言葉は、ルビーにとって大きな支えとなります。

 

父親の行動も、娘に対する愛情の深さを感じさせます。

彼はルビーの歌声を聞くことができません。

そこで、二人でトラックの荷台に腰かけ、歌う娘の喉に手を当てて歌を感じようとするのです。

このシーンは、心を打つものがありました。

 

ルビーが音楽大学のオーディションで歌うシーンも忘れられません。

ジョニ・ミッチェルの「青春の光と影」を歌うルビーは、彼女自身の人生と重なり合い、感動的な一瞬を生み出します。

ルビーの歌は、家族への愛情、彼女自身の夢への情熱、そして彼女がこれまで経験してきたすべてを表現しているかのようです。

 

『コーダ あいのうた』は、ただ感動を与えるだけでなく、家族とは何か、夢を追うことの意味を問いかけます。

彼らの日常生活における困難、喜び、そして深い絆は、観る者の心に深く刻まれるでしょう。

この映画は、家族や夢について考えさせられる、心に残る作品です。

 

映画『コーダ あいのうた』はこんな人におすすめ

『コーダ あいのうた』は、家族の絆、夢への追求、そして個人の成長を描いた映画であり、多くの人におすすめしたい作品です。

特に、家族の大切さを再確認したい人、夢や目標に向かっている人、または人生の岐路に立っている人には、心に響くメッセージが詰まっています。

 

この映画は、聴覚障害を持つ家族の中で育ったルビーの成長を描き、彼女が自分の夢と家族の愛の間で葛藤する様子を温かく、時にはユーモラスに描いています。(下ネタもあります)

家族の愛情の深さ、夢への情熱、そしてそれらを取り巻く様々な感情が描かれており、観る者に深い感動を与えます。

 

また、音楽愛好家や合唱に興味がある方にも特におすすめです。

ルビーの歌声が映画の中心を成し、その美しい歌声と感情のこもった演技は、音楽の素晴らしさを改めて感じさせてくれます。

 

障害を持つ家族との生活を描いた映画ですが、障害をテーマにした作品にありがちな重苦しさはなく、日常の中の小さな喜びや挑戦が描かれています。

人間関係やコミュニケーションの大切さを感じたい方にも、心温まる作品としておすすめします。

 

さまざまな背景を持つ人々が共感できる普遍的なテーマが詰め込まれた『コーダ あいのうた』は、多くの人にとって特別な体験となるでしょう。

家族と共に観るのも良いでしょうし、自分自身の人生を考え直すきっかけとして観るのも素敵な時間になるはずです。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『コーダ あいのうた』を観るのがおすすめ

音楽という普遍的なテーマを通じて、家族愛、夢への追求、個人の成長を描いた『コーダ あいのうた』は、音楽愛好家に特におすすめの映画です。

この作品は、聴覚障害を持つ家族の中で唯一健聴者であるルビーの物語を描き、彼女の歌声が映画を通して観る者の心に響き渡ります。

 

映画は、家族の絆の深さと、個々の夢や目標への情熱を巧みに描いています。

ルビーの歌声と彼女の感情豊かな演技は、観る者に音楽の素晴らしさを改めて認識させ、心に深く響くメッセージを伝えます。

特に、無音になる発表会のシーンや、家族への愛を込めたオーディションシーンは、音楽の力を感じさせる強烈な印象を残します。

 

家族愛を再確認したい人、夢に向かって努力している人、人生の岐路に立つ人にも、この映画は大きな感動と共感を与えるでしょう。

障害を持つ家族との生活を描いているものの、重苦しさはなく、日常の中の小さな喜びや挑戦が描かれています。

 

音楽が好きな人はもちろんのこと、さまざまな背景を持つ人が共感できる普遍的なテーマが詰め込まれているため、『コーダ あいのうた』は多くの人にとって特別な体験となること間違いなしです。

この映画は、音楽の力、家族の愛、そして自分自身の人生を深く考えさせてくれる作品であり、観る者にとって心温まる時間となるでしょう。

音楽映画『セッション』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『セッション』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『セッション』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『セッション』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『セッション』の基本情報

作品名『セッション』
原題Whiplash
映画監督デイミアン・チャゼル
脚本デイミアン・チャゼル
音楽ジャスティン・ハーウィッツ
撮影シャロン・メール
配給ギャガ
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間106分
公開日(日本)2015/4/17

 

映画『セッション』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
アンドリュー・ニーマンマイルズ・テラー内田夕夜
テレンス・フレッチャーJ・K・シモンズ壤晴彦
ジム・ニーマンポール・ライザー佐々木敏
ニコルメリッサ・ブノワ横山友香
ライアン・コノリーオースティン・ストウェル赤坂柾之
カール・タナーネイト・ラング須藤翔
フランクおじさんクリス・マルケイ-
Mr.クラマーデイモン・ガプトン-
エマおばさんスアンヌ・スポーク-
寮の隣人マックス・カッシュ-
ダスティンチャーリー・イアン-
トラヴィスジェイソン・ブレア-
グレッグコフィ・シリボー陣谷遥
ソフィーカヴィタ・パティル-

 

映画『セッション』のあらすじ

19歳のアンドリュー・ニーマンは、一つの夢を抱いていた。

ジャズ界の伝説になること。

その夢を追い求め、彼はアメリカで最も権威ある音楽学校、シェイファー音楽院に入学する。

 

そこで彼を待ち受けていたのは、テレンス・フレッチャー教授。

フレッチャーは、その才能を認める一方で、常軌を逸した厳しい指導で知られる鬼才。

彼の容赦ない罵声と要求する完璧主義は、アンドリューの才能と限界を極限まで引き出す。

 

アンドリューはフレッチャーのスタジオ・バンドチームに抜擢されるが、そこでの生活は容易ではなかった。

フレッチャーの狂気に満ちたレッスンは、まるでバトルフィールド。

一流ミュージシャンへの道は、想像を超える厳しさで彼を試す。

演奏が少しでもフレッチャーの求めるレベルに達しなければ、容赦ない罵声と怒号が彼を襲う。

 

しかし、アンドリューは屈辱を糧に、文字通り血のにじむような猛特訓を開始。

彼の夢への執着と情熱は、日に日に燃え上がっていく。

そして、重要なコンペティションが迫る中、フレッチャーとアンドリューの関係は、更なる緊張と衝突へと発展していく。

アンドリューの才能とフレッチャーの過酷な指導は、やがて運命的なクライマックスへと導かれる。

 

映画『セッション』の予告編動画

『セッション』は、音楽への情熱と苦悩が交錯する壮絶な物語。

アンドリューとフレッチャーの関係は、観る者を息もつかせぬドラマへと引き込む。

才能を試され、限界を超える若者の葛藤と成長の物語が、ここに展開される。

 

映画『セッション』の感想

映画『セッション』は、ただの音楽映画ではない。

これは、一流を目指す若者の情熱と、その才能を引き出そうとする鬼教師の狂気の物語だ。

主人公アンドリュー・ニーマンのドラムへの情熱は、私たちに「何かに一生懸命になった経験がある人ならば共感できる」という強いメッセージを伝える。

彼のドラム演奏は、ただの楽器演奏ではなく、彼自身の人生そのもののようだ。

 

フレッチャー教授の過酷な指導法は、観ている私たちを息苦しいほどの緊張感に引き込む。

彼の迫力ある演技は、狂気の鬼教師としての存在感を際立たせる。

しかし、彼の目指すのはただの高みではない。

彼は、生徒たちを音楽の世界での真の成功へと導こうとしている。

彼の厳しさには、音楽への深い愛情が根底にある。

 

映画の途中で繰り広げられるアンドリューとフレッチャーの心理戦は、まさに息をのむ展開だ。

アンドリューの成長とフレッチャーの狂気が交錯し、観る者を圧倒する。

特に、ラストシーンのドラム演奏は圧巻。

アンドリューの血と汗と涙が結晶化したかのような演奏は、ただ鳥肌が立つだけではない、感動を超えた何かを私たちに与えてくれる。

 

この映画は、夢を追う人々の狂気と美しさを描いた作品だ。

夢を叶えるためには、人間性すら犠牲にしなければならないのかもしれない。

しかし、すべてを投げ打ち、何かに邁進する人間の狂気と美しさが、映像と音楽を通じて伝わってくる。

それは、単なる感動ではなく、観る者の心に火を灯すようなものだ。

 

『セッション』は、ただのエンターテインメント映画ではない。

これは、一流を目指す者たちの生き様を描いた、人生の讃歌だ。

その狂気と情熱は、私たちに「本気で何かに取り組む」ということの本質を教えてくれる。

そして、その結果がどうであれ、その過程で得られるものは計り知れない。

 

映画『セッション』はこんな人におすすめ

映画『セッション』は、人生において何かに情熱を傾けたことのある方に、心からおすすめしたい作品です。

特に、音楽やアートに熱中している人、夢に向かって日々努力を重ねている人には、この映画が持つメッセージが強く響くことでしょう。

主人公が過酷な訓練と心理的なプレッシャーに耐えながら、自分の限界を超えていく様子は、努力の重要性と、それに伴う苦悩や喜びを深く感じさせてくれます。

 

また、自分の道を切り開くために孤独な戦いを強いられることの多いクリエイティブな職業に就いている人にも、強く共感を呼ぶ内容になっています。

独自の世界観を持ち、それを追求することの厳しさと美しさを、映画は見事に描き出しています。

 

この映画は、ただの音楽映画ではなく、一つの頂点を目指して努力する全ての人に捧げられた作品です。

挑戦し続ける人々の姿に触れたい人、人生で何かを成し遂げたいと考えている人にとって、この映画は大きなインスピレーションとなるでしょう。

興奮と感動を求める方にとって、『セッション』は忘れられない映画体験となるはずです。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『セッション』を観るのがおすすめ

映画『セッション』は、音楽を愛するすべての人に、深い共感と刺激を与える作品です。

この映画は、単にジャズ音楽の素晴らしさを描いているだけではありません。

熱狂的な情熱を持って自分の道を突き進む若者の姿を通じて、夢への執着、犠牲、そしてその果てにある達成感をリアルに伝えています。

 

映画の中で描かれる主人公の成長過程は、音楽家だけでなく、あらゆる分野で成功を夢見る人々にとっての鏡のようなものです。

努力、挫折、そして再び立ち上がる勇気。

これらは、音楽だけでなく、人生のあらゆる場面で必要な要素です。

映画の中の登場人物たちが直面する試練は、見る者に深い感銘を与えます。

 

特に、狂気じみた練習シーンや、師弟間の厳しいやり取りは、映画を一層引き締め、心に残る強烈な印象を与えます。

ラストシーンの圧巻のパフォーマンスは、音楽の真の魅力を改めて感じさせてくれるでしょう。

 

『セッション』は、音楽が好きな人だけでなく、人生において何か大きな目標を持っている人、または挑戦の真っ最中にいる人にとって、励みとなる作品です。

音楽への情熱、夢への追求、そしてそれらを成し遂げるための過程を描いたこの映画は、観る者に深い感動とインスピレーションを与えること間違いなしです。

音楽映画『ボヘミアン・ラプソディ』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『ボヘミアン・ラプソディ』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『ボヘミアン・ラプソディ』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『ボヘミアン・ラプソディ』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の基本情報

作品名『ボヘミアン・ラプソディ』
原題Bohemian Rhapsody
映画監督ブライアン・シンガー
製作総指揮デクスター・フレッチャー
脚本アンソニー・マクカーテン
音楽ジョン・オットマン
撮影ニュートン・トーマス・サイジェル
配給20世紀フォックス映画
製作国イギリス、アメリカ
タイプ洋画
上映時間134分
公開日(日本)2018/11/9

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
フレディ・マーキュリーラミ・マレック櫻井トオル
メアリー・オースティンルーシー・ボイントン川庄美雪
ブライアン・メイグウィリム・リー北田理道
ロジャー・テイラーベン・ハーディ野島裕史
ジョン・ディーコンジョゼフ・マゼロ飯島肇
ジョン・リードエイダン・ギレン志村知幸
ポール・プレンターアレン・リーチ鈴木正和
ジム・ビーチトム・ホランダー赤城進
レイ・フォスターマイク・マイヤーズ咲野俊介
ジム・ハットンアーロン・マカスカー花輪英司
ジャー・バルサラメネカ・ダス佐々木優子
ボミ・バルサラエース・バティ加藤亮夫
カシミラ・バルサラプリヤ・ブラックバーン夏目あり沙
ボブ・ゲルドフダーモット・マーフィ小林親弘
ケニー・エヴェレットディッキー・ボウ浜田賢二
ティム・スタッフェルジャック・ロス-
デヴィッドマックス・ベネット下川涼
メアリーの父親ニール・フォックス=ロバーツ-
シェリー・スターンミシェル・ダンカン加藤有生子
トラック運転手アダム・ランバート-
ライブの観客ルーク・ディーコン、エミリー・メイ-
シェリルジェス・ラドムカス松井暁波
クリッシーレイア・クレラー石井未紗
ドイツ人記者マーティン・オルバーマン田所陽向

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ

1970年のロンドン、若き日のフレディ・マーキュリーは、音楽に情熱を注ぎながらも、移民差別と家族との折り合いに苦悩していました。

彼の運命が大きく変わる瞬間が訪れます。ファンだったバンド「スマイル」のメンバー、ブライアン・メイとロジャー・テイラーに自らを売り込み、見事にヴォーカリストとして加入することに。

新メンバー、ジョン・ディーコンとともに、「Queen(クイーン)」として新たなスタートを切るのです。

 

フレディは音楽への献身とともに、店員メアリー・オースティンとの恋に落ち、自分のアイデンティティに葛藤しながらも、彼女との関係を深めていきます。

一方で、バンドは自主制作のアルバムを作り、スカウトされるなど、音楽界での躍進を続けていきます。

やがて、彼らの創造性と挑戦心は、世界に衝撃を与える革新的なアルバム「オペラ座の夜」へと結実し、その中心曲「ボヘミアン・ラプソディ」は大ヒットを記録します。

 

しかし、成功の裏でフレディは自身のセクシャリティに悩み、メアリーとの関係に変化が生じ始めます。

また、バンド内の対立やメディアのスキャンダルによるプレッシャーが増す中で、彼は孤独と内面の葛藤に直面します。

フレディの人生は、華やかな表舞台と苦悩の裏側とで、波乱に満ちたものとなっていきます。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の予告編動画

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、世界が愛したバンド「Queen(クイーン)」と、そのカリスマ的フロントマン、フレディ・マーキュリーの生き様を、彼らの不朽の名曲と共に描き出します。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の感想

『ボヘミアン・ラプソディ』は、伝説のバンドQueen(クイーン)とそのカリスマ的ボーカル、フレディ・マーキュリーの生涯を描いた作品です。

この映画はただの伝記映画という枠を超え、観る者に深い感動を与えてくれます。

フレディの生い立ちから、彼の内面に潜む孤独、葛藤、そして彼を取り巻く人々との関係性が巧みに描かれています。

 

映画を見ていると、フレディの存在感の大きさと彼の人生の重みに圧倒されます。

特に、彼の孤独や内面の葛藤を繊細に表現したシーンは心に深く刻まれました。

彼の才能がいかに孤独から生まれたものであるかを感じさせるとともに、Queen(クイーン)としての成功の裏にある苦悩や対立もリアルに伝わってきます。

 

映画の中でも最も印象的なのは、やはり1985年のライブエイドでのQueen(クイーン)のパフォーマンスです。

このシーンは、フレディの命がけのパフォーマンスとして描かれており、その迫力と感動は言葉では言い表せません。

ライブエイドのシーンはまるで時空を超えて、当時の興奮をそのまま味わっているかのような臨場感を覚えます。

彼らの演奏は、ただの音楽以上のもの、まさに生きる力を与えてくれます。

 

フレディを演じたラミ・マレックの演技も見事で、彼の熱演にはただただ感服するばかりです。

彼はフレディの魂を見事にスクリーンに蘇らせました。

フレディとメアリーとの関係、バンドメンバーとの絆、そして彼の孤独と葛藤が見事に映し出されていて、それぞれのシーンが記憶に残ります。

 

『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽を通して見せるフレディ・マーキュリーの真実を描いた感動作です。

この映画を通じて、彼の生き様や音楽に対する情熱を改めて感じ、彼が残した遺産の価値を再認識させられました。

観る者にとっては、ただの映画を超えた、一つの体験となるでしょう。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』はこんな人におすすめ

『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽の力を信じ、人生のすべてを音楽に捧げたいと願うすべての人々におすすめの映画です。

特に、ロック音楽やQueen(クイーン)のファンであれば、彼らの名曲が生まれた背景やバンドメンバーの絆、フレディ・マーキュリーの生き様に心を打たれることでしょう。

 

この映画は、ただの伝記映画ではありません。

フレディの生きた時代を知る世代には懐かしさや新たな発見があり、若い世代には音楽の持つ普遍的な魅力と、その時代のカルチャーを感じることができるでしょう。

 

もし、あなたが音楽を愛し、それが人生の一部であると考えるなら、この映画は特別な意味を持つはずです。

また、困難を乗り越える勇気やインスピレーションを求めている方にも、フレディの生き様が力強いメッセージを届けます。

 

迫力ある音楽とともに、Queen(クイーン)の圧倒的なパフォーマンスを体感することは、間違いなく忘れられない体験となるでしょう。

『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽という素晴らしいアートを通じて人生の悲喜こもごもを感じたい人に、心からおすすめしたい作品です。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観るのがおすすめ

この映画は、伝説のバンドQueen(クイーン)とそのカリスマ的なリーダー、フレディ・マーキュリーの生涯を描いています。

その生き様は、単なる音楽映画の枠を超え、観る者に深い感動を与えます。

音楽に心を動かされる人なら、Queen(クイーン)の曲を聞いたことがなくても映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観ることをおすすめします。

 

この映画の魅力は、Queen(クイーン)の名曲が生まれた背景やバンドメンバーの絆、そしてフレディ自身の葛藤や成長を描いている点です。

彼らの音楽がどのように世界を魅了し続けてきたのか、その核心に迫ります。

 

フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックの熱演は圧巻で、彼の演技を通じてフレディの内面に深く迫ることができます。

また、ライブエイドの再現シーンは特に印象的で、映画を観ているだけでコンサートの一員になったような感覚を覚えます。

 

音楽の持つ力、人生の悲喜こもごも、そして何よりも音楽への深い愛情を感じることができる『ボヘミアン・ラプソディ』は、音楽ファンはもちろん、音楽の力を信じるすべての人におすすめの作品です。

音楽を通じて人生の美しさ、困難、そして喜びを共感し、体験したい方には、間違いなく心に残る映画となるでしょう。

 

音楽映画『シング・ストリート 未来へのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『シング・ストリート 未来へのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『シング・ストリート 未来へのうた』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『シング・ストリート 未来へのうた』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』の基本情報

作品名『シング・ストリート 未来へのうた』
原題Sing Street
映画監督ジョン・カーニー
脚本ジョン・カーニー
音楽ゲイリー・クラーク他
撮影ヤーロン・オーバック
主題歌「Go Now」アダム・レヴィーン
配給ギャガ
製作国アイルランド、アメリカ、イギリス
タイプ洋画
上映時間105分
公開日(日本)2016/7/9

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
コナー・"コズモ"・ロウラーフェルディア・ウォルシュ=ピーロ小川ゲン
ラフィーナルーシー・ボイントン近藤唯
ブレンダンジャック・レイナー金谷ヒデユキ
ロバートエイダン・ギレン宮崎敦吉
ペニーマリア・ドイル・ケネディ仲村かおり
アンケリー・ソーントン-
ダーレンベン・キャロラン-
エイモンマーク・マッケンナ-
ンギグパーシー・チャンブルカ-
ラリーコナー・ハミルトン-
ギャリーカール・ライス-
バリーイアン・ケニー-
バクスター校長ドン・ウィチャリー千葉繁
ミス・ダンリディア・マクギネス-

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』のあらすじ

1985年のダブリン。

大不況の影響で公立学校に転校させられた14歳のコナー。

家庭は父の失業と両親の喧嘩により崩壊寸前。

音楽狂いの兄とともに、ロンドンの音楽シーンに憧れる彼の唯一の楽しみは、テレビでミュージックビデオを見ること。

 

そんなある日、コナーは街で見かけた美しい女の子、ラフィーナに心を奪われる。

彼女に声をかけるため、思わず「僕のバンドのMVに出ない?」と尋ねてしまう。

バンドなど存在しないにも関わらず、コナーは無謀にもバンドを組み、ロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ることを決意する。

 

そこから始まる彼の猛練習と曲作りの日々。

音楽を通じて彼の人生は大きく動き始める。

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』の予告編動画

『シング・ストリート 未来へのうた』は、家族の分裂や経済的な苦境に立たされながらも、音楽を通じて夢を追い続ける少年の成長を描いた物語です。

1980年代の音楽シーンに憧れ、自分のバンドを組むことで自己表現を試みるコナーの姿は、多くの青春と夢を抱えた若者たちに共感を呼びます。

彼の家族環境や学校生活、そして初恋との絡み合いが、観る者の心を揺さぶります。

バンド結成、新曲の制作、そしてプロムでのライブという若者たちの挑戦は、音楽が持つ無限の可能性と、夢を追いかける情熱を描き出しています。

この映画は、音楽と共に人生を歩むことの素晴らしさを伝え、どんな困難にも立ち向かう勇気を与えてくれる作品です。

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』の感想

映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、1980年代のダブリンを舞台にした、切なくも希望に満ちた青春の物語です。

この映画は、大不況に苦しむアイルランドの閉塞感と、隣国イギリス、そして遠くのアメリカへの憧れを背景に、若者たちの不器用ながらも純粋な心を描いています。

 

主人公のコナーは、家庭の複雑さと学校での困難に直面しながら、音楽を通して自己表現の道を切り開いていきます。

彼の成長過程は、恋愛の初々しさ、友情の温かさ、そして家族の葛藤を通じて描かれます。

特に、コナーと兄ブレンダンの関係は、この物語の心に残るポイントの一つです。

ブレンダンの「フィル・コリンズを聴く奴は女にモテない!」という一言には、時代を感じさせるユーモアがありますが、それ以上に兄弟間の深い絆が感じられます。

 

この映画の魅力は、登場人物たちのリアルな感情にあります。

彼らの悲しみや喜び、葛藤や希望は、観る者の心に深く響きます。

コナーとラフィナの恋愛は、若々しく、切なく、そして何よりも眩しく描かれています。

彼らが互いに影響を与え合いながら成長していく様子は、観る者にも勇気と希望を与えます。

 

また、映画は80年代の音楽を巧みに取り入れ、その時代の雰囲気を見事に再現しています。

バンドシーンは特に魅力的で、コナーたちが音楽に情熱を注ぐ姿は、青春の象徴のようです。

オリジナル楽曲も魅力的で、特に「茶色い靴」のような曲は、映画の印象的な場面を盛り上げます。

 

映画の終盤、コナーとラフィナが新たな未来へと船出するシーンは、感動的です。

二人が海を渡っていく姿は、夢に向かって進む若者たちの姿そのものです。

ブレンダンが弟を温かく見守る姿には、兄としての愛情と、彼自身の夢への憧れが感じられます。

兄のガッツポーズにはグッとくる人も多いはず。

 

『シング・ストリート 未来へのうた』は、ただの青春映画ではありません。

それは音楽と夢、そして人生の美しさを讃えた物語です。

観る者にとって、これはただの映画以上のもの。

それは、夢を追い続けるすべての人へのオマージュであり、忘れられない記憶となるでしょう。

 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』はこんな人におすすめ

映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、音楽を愛し、夢を追い求めるすべての人におすすめの作品です。

特に、1980年代の音楽やファッションに懐かしさを感じる人、またはその時代を新鮮な目で発見したい若い世代の人には、特別な魅力を感じるでしょう。

 

この映画は、自己表現の手段として音楽を選んだ若者たちの成長を描いています。

彼らの真摯な姿勢は、自分自身を見つめ直したい人や、何か新しいことに挑戦しようと考えている人なら共感できるところが多いはず。

また、家族や友情の大切さを再認識させてくれるため、心温まる物語を求めている人にもぴったりです。

 

青春時代の甘酸っぱい恋愛を懐かしむ人や、人生の転機に立っている人にも、この映画は新たな視点を与えてくれることでしょう。

そして、音楽に情熱を注ぐ彼らの姿は、今まさに自分の道を模索している若者たちに、大きな勇気を与えます。

 

『シング・ストリート 未来へのうた』は、単なる青春映画ではなく、人生の挑戦と成長の美しさを讃える作品です。

夢を追い続ける勇気を持ちたいと思っている人に、心からおすすめします。

 

【まとめ】音楽が好きなら映画『シング・ストリート 未来へのうた』を観るのがおすすめ

音楽と青春、このふたつの魔法が見事に結びついた映画『シング・ストリート 未来へのうた』は、音楽好きなら必見の作品です。

1980年代のダブリンを舞台に、若き日の夢と恋、そして成長の物語が繊細かつパワフルに描かれています。

 

この映画の中心にあるのは、音楽への無垢な愛情と、それを通じた自己表現の大切さ。

主人公コナーと彼の友人たちが結成するバンドの活動は、青春の輝きと苦悩をリアルに映し出しています。

彼らが直面する家庭内の問題や学校生活の困難を乗り越える過程で、観る者も彼らと共に成長していくような感覚に陥ります。

 

1980年代の音楽シーンへのオマージュは、当時を知る人々には懐かしさを、若い世代には新たな発見を与えてくれます。

バンドのオリジナル曲はもちろん、当時のヒット曲のカバーやスタイル変化は、音楽の多様性と可能性を存分に感じさせてくれるでしょう。

 

『シング・ストリート 未来へのうた』は、ただの青春映画ではありません。

音楽を通して自分自身を見つめ、夢に向かって一歩踏み出す勇気を与えてくれる作品です。

音楽が好きな人、または人生の何か新しいスタートを切りたいと考えている人に、心からこの映画をおすすめします。

音楽の力を信じ、自分の人生を豊かにしたいと思う全ての人なら、この映画から感動と行動する勇気をもらえるはずです。

音楽映画『Once ダブリンの街角で』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『Once ダブリンの街角で』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、映画『Once ダブリンの街角で』を鑑賞した感想を書いています。

ネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『Once ダブリンの街角で』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『Once ダブリンの街角で』の基本情報

作品名『Once ダブリンの街角で』
原題Once
映画監督ジョン・カーニー
脚本ジョン・カーニー
撮影ティム・フレミング
劇中歌『Falling Slowly』
配給ショウゲート
製作国アイルランド
タイプ洋画
上映時間87分
公開日(日本)2007/11/3

 

映画『Once ダブリンの街角で』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
グレン・ハンサード桐本琢也
マルケタ・イルグロヴァ園崎未恵
ティミー(ドラマー)ヒュー・ウォルシュ川島得愛
リード(ギタリスト)ゲリー・ヘンドリック坂東尚樹
ベーシストアラスター・フォーリー-
エイモンゲオフ・ミノゲ中村秀利
男の父親ビル・ホドネット-
女の母親ダヌシュ・クトレストヴァ-
ヘロイン中毒者ダレン・ヒーリー-
ビルマル・ワイト-
昔の女マルチェラ・プランケット-
ボブニーアル・クリアリー-

 

映画『Once ダブリンの街角で』のあらすじ

ダブリンの街角で、運命の出会いが2人の音楽家を結びつけます。

男は心に傷を抱えながらも情熱を注ぐストリートミュージシャン。

女は、チェコからの移民で、ピアノの音色に心を寄せる花売り。

彼らの出会いは、街角のメロディとして、やがて美しいハーモニーを奏で始めます。

 

男が書いた曲でのセッションは、2人の心を近づけます。

彼らは互いに魅了されながらも、過去のしがらみと葛藤に苦しむ。

音楽の力が、彼らの心を結びつけ、もどかしい想いを胸に秘めながらも、お互いに深い感情を抱くようになります。

ダブリンのストリートで自作の歌を奏でる彼と、彼女のピアノに魅せられた瞬間から始まる、一生に一度の出会い。

 

彼らはレコーディングへと進み、一緒に音楽を作り上げる中で、互いの心を通わせていきます。

しかし、そこには断ち切れない過去の影がちらつき、2人の関係は複雑な感情に揺れ動きます。

彼らの旅路は、音楽という共通言語を通じて、人生の意味を探る心の旅となるのです。

 

映画『Once ダブリンの街角で』の予告編動画

 

劇中歌『Falling Slowly』

 

映画『Once ダブリンの街角で』の感想

『Once ダブリンの街角で』は、心に響く音楽と共に、2人の出会いと成長を描く、忘れがたい作品です。

この映画は、ジョン・カーニー監督の手によって、音楽映画というジャンルに新たな光を投げかけています。

 

作品は、ダブリンの街角で出会った2人の主人公、名もなきストリートミュージシャンの男(グレン・ハンサード)と、花売りの女(マルケタ・イルグロヴァ)の物語を描きます。

彼らの出会いは偶然でありながら、音楽を通じて深い絆で結ばれていく過程が印象的です。

特に心に残るのは、楽器店での2人のセッションシーン。

ここでは音楽の力が、2人の間に新たな可能性を生み出していく瞬間が描かれています。

このシーンでの、2人の心が通じ合い、お互いの存在がかけがえのないものになっていく様子は、観る者の心に深く刻まれます。

 

この映画が特に印象深いのは、そのリアリズムにあります。

実際のミュージシャンである主演2人の自然な演技が、映画にドキュメンタリーのような説得力をもたらしています。

特に、撮影を経て実際に恋愛関係に発展した2人の関係性は、画面上でもリアルに感じられるほどです。

また、撮影技法もこのリアリズムを際立たせており、まるでダブリンの街角を歩いているような臨場感があります。

 

映画の中で描かれる音楽は、ただのバックグラウンドミュージックではありません。

むしろ、ストーリーの中心にあり、人生の複雑な感情を表現する重要な手段となっています。

『Falling Slowly』などの劇中歌は、2人の関係性を表現するだけでなく、それぞれの内面の成長をも描き出しています。

2人が音楽を通じてお互いに影響を与え合い、成長していく様は、音楽が人生に与える影響の大きさを物語っているのです。

 

『Once ダブリンの街角で』の魅力は、大胆な演出や華やかなシーンにあるのではなく、日常の中の小さな瞬間にこそあります。

2人が互いに心を通わせながらも、最終的にはそれぞれの道を歩むことを選ぶ過程は、人生の複雑さと美しさを感じさせます。

ちなみに、作品中では翻訳されないチェコ語の「Miluju tebe」は日本語で「私が愛しているのはあなたよ」という意味。

 

この映画は、刹那的な出会いの中で見出される人生の勇気や喜びを、繊細かつ力強く描き出しています。

心を揺さぶるような音楽、リアルな演技、そして2人の心の動きを丁寧に描くストーリーテリング。

これらすべてが組み合わさって、『Once ダブリンの街角で』は、音楽映画という枠を超えた、深い感動を与える作品となっています。

観る人それぞれが、2人の物語から何かを感じ取り、心に残る何かを得ることでしょう。

 

映画『Once ダブリンの街角で』はこんな人におすすめ

『Once ダブリンの街角で』は、音楽を心から愛する人々に特におすすめの映画です。

音楽が人生に与える影響を深く感じ取りたい方、日常に新たな色を加えたい方には、この映画が新しい視点を提供してくれるでしょう。

ストリートミュージシャンとしての生活、音楽を通じた人との出会いに興味がある方も、この映画のリアルな描写に引き込まれるはずです。

 

また、恋愛映画としての要素を期待している方よりも、音楽と人生のシンプルながらも深い結びつきを感じたい方にこそ、この映画は共感できるところが多いと思います。

人々の心を温かくするストーリーと素晴らしい音楽は、音楽家を夢見る方や、日々の生活に音楽の喜びを求める方にとっては、心に響くはずです。

 

そして、映画の中で音楽が果たす役割について考えたい方、自然な演技とドキュメンタリー風の映像が好きな方にもおすすめします。

『Once ダブリンの街角で』は、美しいメロディと共に、心温まる物語を紡ぎ出しています。

それは、音楽の持つ力を信じ、日々の生活の中で小さな奇跡を見つけたいと願うすべての人にとって、忘れられない作品となるでしょう。

 

【まとめ】音楽が好きなら『Once ダブリンの街角で』の映画を観るのがおすすめ

音楽が好きなら、映画『Once ダブリンの街角で』は見逃せない作品です。

この映画は、音楽を通じて人生がどう変わるかを、感動的に描いた傑作です。

 

ダブリンの街角で偶然出会ったストリートミュージシャンと花売りの女性の物語は、音楽の力で心を通わせる2人の関係を深く掘り下げています。

リアルな演技とドキュメンタリー風の映像が、日常の一コマのような臨場感を生み出し、観る者を物語の中に引き込みます。

 

特に、音楽が人生に与える影響を感じ取りたい人、日常に新しい色を加えたい人は、この映画を観ることで改めて気づけることもあるでしょう。

音楽に情熱を注ぐ主人公たちの姿は、ミュージシャンを夢見る人や、音楽の喜びを日々の生活に求める人にとって、共感できるところが多いはず。

 

『Once ダブリンの街角で』は、ドラマと音楽が見事に融合した作品で、音楽映画としてのバランスもちょうどいい。

映画の中で生まれる音楽の瞬間や喜び、そして2人の成熟した味わいに満ちた物語は、観る者に深い感動を与えます。

この映画は、音楽の持つ力を信じ、日常に小さな奇跡を見つけたいと願うすべての人にとって、忘れられない余韻を残すでしょう。

 

音楽映画『はじまりのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

音楽映画『はじまりのうた』のレビュー・感想・おすすめな人

この記事では、音楽映画『はじまりのうた』を鑑賞した感想を書いています。

レビューにはネタバレを含んでいるので、「具体的な内容はまだ知りたくない」という場合は、あらすじまで読んで戻るボタンを。

『はじまりのうた』を観た個人ブログの映画レビューを読んでみたい場合は、先に進んで読んでみてくださいね。

 

映画『はじまりのうた』の基本情報

作品名『はじまりのうた』
原題Begin Again
映画監督ジョン・カーニー
脚本ジョン・カーニー
音楽グレッグ・アレキサンダー
撮影ヤーロン・オーバック
劇中歌『Lost Stars』
配給ポニーキャニオン
製作国アメリカ
タイプ洋画
上映時間104分
公開日(日本)2015/2/7

 

『はじまりのうた』の登場人物・キャスト

登場人物キャスト日本語吹替
グレタキーラ・ナイトレイ弓場沙織
ダンマーク・ラファロ堀内賢雄 / 機内版:宮内敦士
バイオレットヘイリー・スタインフェルド金元寿子
デイヴアダム・レヴィーン田村真
スティーヴジェームズ・コーデンあべそういち
サウルヤシーン・ベイ宮本淳
トラブルガムシーロー・グリーン北村謙次
ミリアムキャサリン・キーナー品田美穂

 

『はじまりのうた』のあらすじ

ニューヨークの街角が、まさに魔法のようなレコーディングスタジオに変身!

映画『はじまりのうた』では、失恋に打ちひしがれたシンガーソングライター、グレタ(キーラ・ナイトレイ)の心打つ物語が繰り広げられます。

恋人でミュージシャンのデイブ(アダム・レヴィーン)に裏切られた彼女が、偶然出会った落ちこぼれの音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)とともに、まったく新しい音楽の旅を始めるのです。

 

この驚きのプロジェクトでは、ニューヨークの街角、路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームが、彼らの創造性を刺激する舞台となります。

ゲリラレコーディングの無謀とも思えるこの企画は、徐々に小さな奇跡を生み出し始めるのです。

映画は、グレタとダンが共に成長し、音楽を通じて新たな人生の可能性を探求する姿を描いています。

 

映画『はじまりのうた』の予告編動画

 

映画『はじまりのうた』の感想

『はじまりのうた』は、音楽の魔法に満ちた映画です。

ニューヨークの街角を舞台に、音楽を通じて人々が再生し、新たな始まりを迎える姿が描かれています。

音楽の力が、主人公グレタ(キーラ・ナイトレイ)と落ちこぼれプロデューサーのダン(マーク・ラファロ)の人生を変え、彼らの心を癒やし、前向きに変えていく様子は、見る者の心に深く響きます。

 

映画の冒頭、同じシーンが異なる視点で描かれる演出は印象的。

それぞれの人物の感情や背景が、音楽とともに繊細に表現されています。

特に心に残ったのは、ビルの屋上で行われたライブ録音のシーン。

ダンの娘、バイオレット(ヘイリー・スタインフェルド)のギターソロは、粗削りながらも感動的なインパクトを残しました。

 

この映画は、ただのサクセスストーリーに留まらず、音楽業界の現実と、音楽を通じた人間関係の深さを掘り下げています。

登場人物たちの夢や苦悩、希望が、リアルに描かれており、特に音楽を愛する人々には強く共感を呼ぶ内容です。

音楽は単なる背景音ではなく、物語の核となり、登場人物たちの感情の橋渡しをする重要な役割を果たしています。

 

また、キーラ・ナイトレイの歌声の美しさや、彼女が演じるグレタの心情が歌によって表現されるシーンは、特に心に残ります。

彼女の音楽と人生に対する真摯な姿勢が、観る者の心を打ちます。

 

映画『はじまりのうた』はこんな人におすすめ

『はじまりのうた』は、音楽を愛する人、人生の新たなスタートを切りたいと思っている人、そして日常に小さな奇跡を見つけたい人に特におすすめの映画です。

音楽制作や演出に関わる人、またクリエイティブな仕事に携わる人々にも、大きなインスピレーションを与える作品と言えるでしょう。

 

『はじまりのうた』は、音楽がいかに私たちの日常に彩りを与え、心を癒やし、変化をもたらすかを美しく描いています。

街中でのゲリラレコーディングのシーンや、グレタとダンが共に音楽を楽しむ瞬間は、特に印象的。

音楽が持つ力を改めて感じさせてくれるでしょう。

 

また、失意の中から自分自身を見つめ直し、前向きな一歩を踏み出す物語は、どん底から這い上がろうとしている人たちにも勇気を与えます。

ニューヨークの魅力的な風景と共に、音楽と人生の素晴らしさを感じさせる『はじまりのうた』。

この映画は、心が求める何か新しい始まりの一歩を踏み出すきっかけになるかもしれません。

 

【まとめ】音楽が好きなら『はじまりのうた』の映画を観るのがおすすめ

音楽の力を感じたい方、そして日常に新たな魔法を求める方に、『はじまりのうた』はまさにおすすめの映画です。

ニューヨークの街角を舞台に繰り広げられるこの物語は、音楽を通じて人生がどのように変わるかを、感動的に描いています。

 

特に印象的なのは、キーラ・ナイトレイとマーク・ラファロが演じる主人公たちの、音楽に対する情熱と人生への真摯な姿勢です。

音楽が彼らの心を癒やし、再生させ、新たな人生の一歩を踏み出すきっかけとなる様子は、観る者に深い感動を与えます。

音楽業界の内幕や、音楽制作のプロセスにも触れられており、音楽に携わる人々にも大きなインスピレーションを与える内容となっています。

 

映画の中で展開される様々な人間関係、特にグレタとダンの関係性の描き方は、恋愛だけに留まらない深い絆を感じさせ、音楽を通じた人間関係の素晴らしさを見せてくれます。

また、ニューヨークの美しい景色をバックにしたゲリラレコーディングのシーンは、音楽が日常をどれほど豊かにするかを、見事に表現しています。

 

『はじまりのうた』は、音楽を愛する人々、新しい挑戦を求める人々、そして人生の新たな一歩を踏み出したいと考えている人々に、特におすすめの作品です。

音楽の素晴らしさと、それがもたらす人生の変化を感じたい方には、この映画が新たな発見と感動を与えてくれることでしょう。